更新情報
[2013.08.26] Qleteの機能をアップグレードしました。フォームコンテナに郵便番号から住所を補完する機能、メールによる通知機能ほか、フォーム周りを中心とした機能強化を行いました。
[2013.03.15] ページ単位でCSS・JavaScriptのカスタマイズが可能になりました。これにより、Qleteのテンプレートに依存しない自由なデザインやUIを実現することができます。

スマートフォンの登場により、「スマートフォンWeb」という新しい価値が生まれました。
スマートフォンに最適なUI、スマートフォンならではのUX、これこそがスマートフォンWebの真の価値だと考えます。
しかし、スマートフォンWebの構築と運用には、長期に渡る技術的・人的なコストがかかります。そこで私たちはスマートフォンWeb構築専用のCMS「Qlete」を生み出しました。
私たちはスマートフォンWebの構築を積極的に支援いたします。

デモ用のアカウントは無料で発行しております。
まずは試用してみませんか?

試用(無料)を申し込む

紹介ムービーを再生

事例

Feature

機能性

Qleteの要である、各コンテナの機能をご紹介します。

拡張性

エンタメ・製品情報・店舗など、サイトの特性に合わせたテンプレートを50パターンご用意しました。またQleteをベースにカスタマイズで機能を追加することも可能です。
※カスタマイズについてはご相談ください。

安定性

フルマネージドのクラウド基盤が安定したサイト運用を支えます。 万が一の障害発生に備え24時間電話サポート窓口も設置して安心してご利用いただけます。

このページの一番上へ↑

Work Style

for Business

Business

優れたユーザー体験のために円滑な議論を

Qleteのテストサイトは即時反映が基本です。その場でプロトタイプを作りつつ、スマートフォンで実際の遷移を見ながら議論を進めることができます。Qleteのコンテナは、スマートフォンサイトでよく使われるパーツを調査・分析し、使用頻度の高いものを基準に作られています。不足はありません。

Design

ユーザーに喜ばれるデザインは高い自由度から

Qleteは多くのテンプレートをご用意していますが、ユーザーに求められるデザインを構築するには、さらに高い自由度が求められると思います。Qleteの特徴の一つにHTMLコンテナというシンプルな仕組みがあり、この中で新規にコードを書くこともできますし、一度作ったコンテナをHTMLコンテナに変換して再編集することもできます。

for Designers

for Developers

Development

柔軟でシームレスなシステム連携を

構築が進むにつれ、既存のDBを呼び出したい・他のプログラムと連携したいなど、追加開発が必要な場面は多々出てくると思います。Qleteでは、ベーススクリプトとしてjQueryを採用していますので、HTMLコンテナにJavascriptを埋め込む形での連携させることが可能です。
※カスタマイズをご希望の際には営業担当者にお問い合わせください。

このページの一番上へ↑

Action Plan

コンテナと機能の組み合わせで、的確な運用が可能に

Qleteの備える機能・コンテナを複数組み合わせることで、これまで手間や費用のかかっていたキャンペーンや施策を簡易に実施することができます。実現させたいプランに応じて、各種組み合わせをご検討ください。

時限クーポン

Qleteには多様なタイマー機能が付いています。指定の日時になるとページを生成する機能、指定の日時になるとページの一部分だけを公開する機能、指定の日時になるとニュースを更新する機能、これらを組み合わせることで、間違いのない効果的なマーケティングを実施することができます。

例)「○月×日の10~12時に半額クーポンを配布したい」

  1. クーポンページを用意し、○月×日10時に公開する設定をします。
  2. ニュースコンテナを用意し、未来の日時を指定してクーポンページヘリンクを貼ります。
  3. クーポンページに、クーポン終了の告知を載せたコンテナを用意し、○月×日12時以降に表示させる設定をします。

アーティストページ

Qleteには、既存のメディアとの連携を考慮に入れたコンテナが用意されています。RSS、YouTube各コンテナを使うことで、メディアを集約し効率化した情報ページを作ることができます。

例)「アーティストのプロモーションサイトを作りたい」

  1. RSSコンテナにブログのRSSを、YouTubeコンテナにPVの共有コードを、それぞれ登録します。
  2. 定義リストコンテナを使って、アーティストのバイオグラフィーを入力します。
  3. リンク集コンテナを使って、アーティストのディスコグラフィーを入力し、各種音楽販売サイトにリンクします。

アプリ連動

Qleteには、アプリ起動ボタンコンテナという仕組みを用意しています。スマートフォンには、Webページからアプリを起動する機能があるので、それを使って

例)「アプリのプロモーションページを作りたい」

  1. アプリ起動ボタンコンテナを使って、マーケットへリンクさせる検索ワードを入力します。
  2. リンク集コンテナを使って、類似アプリのリンクを作ります。

お客様サポート

Qleteのアプリ起動ボタンコンテナには、電話アプリの起動だけでなく、Skypeアプリを起動する機能があります。

例)「海外のお客様向けページを作りたい」

  1. アプリ起動ボタンコンテナにSkypeを設定し、ユーザーIDを入力します。
  2. 地図コンテナに住所を設定し、アプリ起動ボタンに地図アプリと住所を設定します。
  3. テキストコンテナに英文でご案内を入れて完成です。

リアルイベント連携

Qleteで作成されたページには、QRコードが自動生成されます。複数のページを作り、それぞれのQRコードを取得することで、印刷物やWebサイトで使用することができます。

例)「地域別のイベントページを作りたい」

  1. 地域ごとのページを作成します。このときヘッダーコンテナやメニューコンテナを活用し、重複するパーツは共通にします。
  2. 地域ごとに異なる部分はそれぞれコンテナを用意します。
  3. 各ページにはQRコードが生成されていますので、保存ボタンを押し、デスクトップに保存します。

アプリケーションメニュー

Qleteでは、アイコンをタイル状に並べることで、スマートフォンのホーム画面のような見た目を作ることができます。

例)「アイコンボタンだけで構成したページを作りたい」

  1. メニューコンテナで「タイルメニュー」または「横並びボタン+テキスト」を選択します。
  2. それぞれに正方形のアイコン画像を読み込みます。
  3. 「メニューを追加」を押しながら、ボタンを増やしていきます。

このページの一番上へ↑

Pricing & For

価格

初期費用:50,000(税別) 月額利用料:50,000(税別)

※10万PV/月を超過する場合、月額費用に従量追加料金がかかります。

お問い合わせ

各種お問い合わせは、こちらのフォームより承っております。
目的別にフォームの内容が異なりますので、ご注意ください。

こちらはQleteデモ版アカウントの申込フォームとなります。体験期間は2週間となります。 なお、本申込はデモを体験いただいた後に可能となり、デモ版で制作されたデータを移行することも可能です。 お申込み完了後、3営業日以内にメールにてアカウントをお送りいたします。

必須はすべて入力必須事項となります

株式会社シンクウェア(以下、「乙」といいます。)がアプリケーション・サービス・プロバイダとして提供するサービス「Qleteデモ版」(以下、「本サービス」といいます。)に関して、乙は、次のとおり、利用規約(以下、「本規約」といいます。)を定め、本サービスの利用者(以下、「甲」といいます。)が本規約の内容にご同意いただいた場合に限り、本サービスの利用を許諾致します。

第1条(定義)

本規約において、次の各号に定める用語の定義は、当該各号に定めるところによります。
(1)基本ソフトウェア:以下の機能を有するコンピュータソフトウェア
 ・ページ作成機能
 ・画像編集・登録機能
 ・SEO対策
 ・公開スケジュール管理機能
(2)基本ドキュメント:基本ソフトウェアの仕様・取扱方法に関するドキュメント
(3)本サービス:基本ソフトウェア及び基本ドキュメント
(4)ホスティングサーバ:基本ソフトウェアを利用するために利用者がアクセスするサーバ
(5)本システム:本サービス及びホスティングサーバを含むシステム全体
(6)コンテンツ:甲が本サービスを利用して作成したスマートフォンにおいて表示される文字、画像及び動画等
(7)ID:本サービスの利用者を個別に認識するために乙が割り当てた数字、文字、記号及び符号
(8)パスワード:乙から本サービスの利用許諾を受けていることを確認するための数字、文字、記号及び符号

第2条(本サービスの利用契約)
  1. 本サービスの利用契約(以下、「本契約」といいます。)は、本サービスの利用申込者(法人に限り、個人は含まれません。以下同様です。)が、本画面に表示されている申込フォームにおいて、入力必須事項全てを記入または選択し、本画面の送信ボタンを押下してその内容を乙に送信し、乙がそれに対し、甲が申込フォーム「メールアドレス」欄に記載したメールアドレス(以下「本件連絡先」という)に、管理画面URL、ユーザ画面URL、ユーザID及びパスワードを、電子メールにより発信したときに成立するものとします。ただし、当該発信から5日以内に本件連絡先に到達しなかった場合には、本契約は遡って成立しなかったものとみなします。
  2. 過去に本サービスの利用の申込みを行ったことがある者は、乙の事前の承諾がない限り、再び本サービスの利用を申し込むことはできないものとします。
  3. 本サービスの利用申込者は、本規約の内容を承諾の上、本サービスの利用申込みを行うものとし、申込フォームの内容を乙に送信した時点以降、本規約の内容を承諾していないとの主張を行わないことを約します。
第3条(本規約の変更)

乙は、本規約の内容をいつでも変更することができるものとし、本契約の内容につき、変更後の本規約を適用するものとします。

第4条(料金)
  1. 本サービスの利用許諾料は無償とします。
  2. 本契約に基づく債務を所定の支払期日を経過しても履行しない場合、甲は所定の支払期日の翌日から支払済みに至るまで、年6%の利率で計算した金額を、遅延損害金として乙に支払うものとします。
第5条(本サービスの利用許諾)
  1. 乙は甲に対し、乙が提供するホスティングサーバ内でのスマートフォン向けコンテンツの制作、運用及び管理業務の目的に限り、本サービスの非独占的利用を許諾します。
  2. 甲は以下の行為を行うことができます。
    (1)スマートフォン搭載ブラウザにより閲覧できるサイトであり、乙が指定するサイトにおいて、本サービスを利用すること
  3. 甲は以下の行為を行うことができないものとします。
    (1)本サービスを利用して、猥褻なまたは公序良俗に反するコンテンツを作成すること
    (2)本サービスの全部または一部を改変、リバースエンジニアリング、逆コンパイル、または逆アセンブルすること
    (3)本サービスの全部または一部を複製、改変または譲渡すること(ただし、前項記載の行為は除く)
    (4)事前の書面による乙の承諾なく、乙の有する商標、トレードマークまたはサービスマークを使用すること
    (5)本サービスを利用する権利を譲渡、貸与またはリースすること
    (6)本サービスを日本以外の国において利用すること
    (7)その他本サービスを本条第1項記載の目的以外に利用すること
  4. 本規約に明示的に規定されていない本システムに関する権利はすべて乙に留保されます。
第6条(利用期間)

本サービスの利用期間は、本契約締結日から2週間とし、乙の事前の承諾がない限り、更新は行わないものとします。

第7条(通知)
  1. 本契約に関する乙から甲への通知および連絡は、本件連絡先に行うものとします。ただし、乙が必要と認めるときには、本件連絡先以外にも通知および連絡をすることができるものとします。
  2. 甲が乙に告知した事項、その他乙が定める事項について、変更が生じた場合、甲は速やかに変更内容を乙に通知するものとします。
  3. 前項の通知がなされるまでの間、乙は甲の住所、電子メールアドレスその他の事項につき変更がないものとして扱うことができるものとし、これにより生じた不利益は甲が負担するものとします。
第8条(権利義務譲渡の禁止)

甲は、乙の書面による承諾なくして本契約、またはこれらに関連して発生する一切の乙に対する権利・義務を第三者に譲渡、または担保の目的にしてはならないものとします。

第9条(利用者設備の設置・維持)
  1. 甲は、本サービスを利用するにあたって、自らの費用と責任において、自らの設備機器等をインターネットに接続するものとします。
  2. 甲が本サービスに接続する設備機器等については、乙が提示する技術的事項に適合する機器とします。
  3. 甲の設備機器等及びインターネットの通信回線等を正常に稼働するように維持するものとし、それらに不具合が生じている場合、乙は甲に対して本サービスを提供する義務を負わないものとします。
  4. 甲が本サービスを利用して送受信する情報については、甲においてバックアップ等の保全措置をとるものとし、乙は甲に対して当該情報を保全する義務を負わないものとします。
第10条(ID、パスワードの取り扱い)
  1. 甲は、自己のID及びパスワードを第三者に開示、貸与、共有し、また、使用させることはできません。
  2. 甲は、自己のID及びパスワードを第三者に漏洩することのないよう厳重に管理(パスワードの適宜変更を含みます。)するものとします。甲によるID及びパスワードの管理不備、使用上の過誤、これらに起因する第三者の使用等により、甲が損害を被った場合、乙は一切の責任を負わないものとします。
  3. 甲の故意または過失によりID及びパスワードが第三者によって不正に利用された場合、当該第三者による本サービスの利用は甲の利用とみなし、さらに、当該第三者による本サービスの利用によって乙が損害を被った場合、甲は当該損害を補填するものとします。
第11条(コンテンツ及び個人情報の取り扱い)
  1. 甲は、コンテンツに関するすべての事項について、一切の責任を負い、乙は、コンテンツに関し一切の責任を負わないものとします。
  2. 本サービスを利用して甲または甲のコンテンツの利用者が入力する情報は、乙が認識することなく自動的にホスティングサーバに記録されるものであり、乙は当該情報を事業の用に供するものでないため、乙は当該情報について個人情報取扱事業者としての義務を負わないことを確認します。
第12条(障害対応)

乙の責に帰すべき事由により障害が発生した場合でも、乙は、甲に対し、一切の責任を負わないものとします。

第13条(免責)
  1. 乙は、本サービスにつき、甲の特定の目的に対する適合性、応答の的確性、使用結果、および瑕疵または過失の不存在について、一切保証しないものとします。
  2. 本サービスの利用によって甲に生じた一切の直接・間接の損害については、甲のみがその責任を負い、乙はその責任を負わないものとします。
  3. 本サービスの利用によって甲と第三者との間に係争が生じた場合は、甲の責任と費用をもって解決するものとし、乙は当該係争に関し、何らの責任も負わないものとします。
第14条(サービスの中止)
  1. 甲が次の各号のいずれかに該当した場合、乙は事前に何らの通知なく甲に対する本サービスの提供を中止することができるものとします。
    (1)甲が本サービスを利用して、下記の行為をおこなった場合
    ア 乙または第三者の著作権、商標権などの知的財産権その他の権利を侵害する行為、または侵害するおそれのある行為
    イ 法令若しくは公序良俗に違反し、または乙若しくは第三者に不利益を与える行為
    ウ 他者を差別若しくは誹謗中傷し、またはその名誉若しくは信用を毀損する行為
    エ フィッシング詐欺用のサイトの作成など詐欺等の犯罪に結びつくまたは結びつくおそれがある行為
    オ わいせつ、児童ポルノまたは児童虐待にあたる画像、文書等を送信または掲載する行為
    カ 無断で第三者に広告、宣伝若しくは勧誘のメールを送信する行為、または第三者が嫌悪感を抱く、若しくはそのおそれのあるメール(嫌がらせメール)を送信する行為
    キ 第三者になりすまして本サービスを利用する行為
    ク ウィルス等の有害なコンピュータプログラム等を送信又は掲載する行為
    ケ その行為が前各号のいずれかに該当することを知りつつ、その行為を助長する態様・目的でリンクをはる行為
    (2)甲と暴力団関係者その他反社会的団体との関係が発覚したとき
    (3)甲がその他本規約に違反する行為を行ったとき
  2. 前項に基づく乙による本サービスの中止により甲に損害が生じた場合でも、乙はその責任を一切負わないものとします。
第15条(サービスの一時停止)
  1. 次の各号に定める本システムのメンテナンス作業のため、乙は甲に対する本サービスの提供を一時停止することができるものとします。この場合、乙は停止の前までに、サービス停止の日時及び期間を甲があらかじめ知りうるようにするための措置をとるものとします。ただし、サービス停止が緊急のものである場合はこの限りではありません。
    (1) 法定点検
    (2) 電源点検
    (3) 定期保守
    (4) バージョンアップ・パッチインストール
    (5) バックアップ
    (6) 障害対応
    (7) 前各号に準じたメンテナンス作業
  2. 天災地変、戦争、騒乱、停電、第一種電気通信事業者による電気通信サービスの中止、その他乙の責に帰さない理由により、乙の管理するハードウェアその他関連機器・設備若しくはソフトウェアまたはインターネット回線に不具合が生じている場合、乙は本サービスの提供をその間、停止することができるものとします。
  3. 本サービスの利用において、甲が乙の管理する機器・通信設備に過大な負荷を与えた場合、乙は本サービスの提供を一時停止することができるものとします。
  4. 前3項に定める事由の他、本サービスの利用環境を維持する等のため乙がやむを得ない事由があると判断した場合、または、本サービスの提供を一時停止しなければ甲に不利益が生じることが明らかな場合、乙は本サービスの提供を一時停止することができるものとします。
  5. 本条に基づく乙による本サービスの一時停止により甲に損害が生じた場合でも、乙はその責任を一切負わないものとします。
第16条(本サービス利用の公表)

乙は、甲の事前の承諾を得て、甲が本サービスを利用している事実等を乙の営業用資料及びホームページ等へ掲載し公表する場合があります。

第17条(委託)
  1. 乙は、本サービスの提供に関する業務の全部または一部を第三者に委託できるものとします。
  2. 乙は、前項に基づいて第三者に委託する場合、第18条(秘密保持義務)に定める内容と同等の義務を当該委託先に課すものとします。
第18条(秘密保持義務)
  1. 甲及び乙は、それぞれ本契約に関連して相手方から秘密である旨の表示がなされた上で開示を受けた業務上、技術上、販売上の秘密情報(以下「秘密情報」といいます。)を相手方の書面による事前の承諾を得ずに、本契約の遂行に必要な範囲を超えて使用若しくは複製せず、または第三者に開示・漏洩しないものとします。ただし、秘密情報には、秘密保持の提示の有無にかかわらず個人情報の保護に関する法律に定める個人情報(以下「個人情報」という。)を含み、次の各号のいずれかに該当する情報を除くものとします。
    (1) 開示の時点ですでに公知のもの、または開示後秘密情報の開示を受けた当事者の責によらずして公知となったもの
    (2) 第三者から秘密保持義務を負うことなく正当に入手したもの
    (3) 開示の時点で被開示者がすでに保有しているもの
    (4) 開示された秘密情報によらずして、独自に開発したもの
  2. 前項の定めにかかわらず、甲及び乙は、秘密情報のうち法令の定めに基づきまたは権限ある官公署からの要求により開示すべき情報を、当該法令の定めに基づく開示先または当該官公署に対し開示することができるものとします。この場合、甲及び乙は、関連法令に反しない限り、当該開示前に開示する旨を相手方に通知するものとし、開示前に通知を行うことができない場合は開示後可及的すみやかにこれを行うものとします。
  3. 秘密情報の提供を受けた当事者は、当該秘密情報の管理に必要な措置を講ずるものとし、個人情報については、個人情報保護法その他関連法令を遵守するものとします。
  4. 前各項の規定に関わらず、乙が必要と認めた場合には、乙は前条第1項の委託先に対して、委託のために必要な範囲で、乙から事前の書面による承諾を受けることなく秘密情報を開示することができます。ただし、この場合、乙は当該委託先に対して、本条に基づき乙が負う秘密保持義務と同等のものを負わせるものとします。
  5. 本契約が終了した場合、甲及び乙は、相手方より提供を受けた秘密情報を速やかに返還または破棄するものとします。
  6. 本条の規定は、本契約終了後、3年間有効に存続するものとします。
第19条(契約解除)
  1. 甲または乙が次の各号のいずれかに該当する場合、相手方は何らの催告をすることなく、本契約の全部または一部を直ちに解除できるものとします。
    (1) 仮差押、差押、仮処分等の申立てまたは競売の申立て等、保全または強制執行の申立てを受けたとき
    (2) 破産、会社更生手続開始、若しくは民事再生手続開始の申立てをなしまたはこれを受けたときまたは清算に入ったとき
    (3) 租税公課を滞納し督促を受けたときまたは租税債権の滞納処分を受けたとき
    (4) 手形または小切手が不渡りとなったとき
    (5) 合併、解散またはその事業の全部若しくは一部を第三者に譲渡したとき
    (6) 監督官庁から営業の停止、取消を受け、または営業を廃止若しくは変更したとき
    (7) 本契約の定めに違反したとき
    (8) その他、本契約を継続しがたい重大な背信行為があったとき
  2. 甲は、前項による本契約の解除があった時点において、乙に対して未払いの債務がある場合には、乙が定める日までにこれを乙に支払うものとします。
第20条(契約終了後の条項)

本契約が終了した場合でも、第2条第2項及び第3項、第4条第2項、第5条第4項、第7条、第8条、第10条第2項第2文及び第3項、第11条、第12条、第13条、第14条第2項、第15条第5項、第19条第2項、並びに、第21条乃至第23条の効力は存続するものとします。

第21条(準拠法)

本規約は、日本法を準拠法とします。

第22条(管轄裁判所)

本規約に関する甲と乙との間の訴訟は、訴額に応じ、乙の本店所在地の属する地方裁判所または簡易裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

第23条(協 議)

本規約に定めのない事項及び各契約条項について疑義を生じた場合は、甲及び乙は誠意をもって協議し、円満に解決を図るものとします。

以上

こちらは商談申込用のフォームとなります。 お申込み完了後、翌営業日に担当営業よりご連絡いたします。

必須はすべて入力必須事項となります

確認のため、もう一度ご入力ください

当社の個人情報(以下の「個人情報」の定義に従います)の収集について、以下にその目的、取扱い等をご案内申し上げます。
本ページは個人情報保護のため、SSL(Secure Socket Laver)暗号化通信に対応しています。
ご提供いただきました個人情報は、「個人情報保護方針」に基づき適切な管理・保護に努め、お問合せに関する回答や関連する商品・サービスのご案内のために利用させていただきます。


こちらは資料申込用のフォームとなります。 なお、本申込はデモを体験いただいた後に可能となり、デモ版で制作されたデータを移行することも可能です。 お申込み完了後、3営業日以内にメールにてアカウントをお送りいたします。

必須はすべて入力必須事項となります

確認のため、もう一度ご入力ください

当社の個人情報(以下の「個人情報」の定義に従います)の収集について、以下にその目的、取扱い等をご案内申し上げます。
本ページは個人情報保護のため、SSL(Secure Socket Laver)暗号化通信に対応しています。
ご提供いただきました個人情報は、「個人情報保護方針」に基づき適切な管理・保護に努め、お問合せに関する回答や関連する商品・サービスのご案内のために利用させていただきます。


こちらはその他お問い合わせ用のフォームとなります。 送信完了後、3営業日以内にメールにてご回答をお送りいたします。

必須はすべて入力必須事項となります

確認のため、もう一度ご入力ください

当社の個人情報(以下の「個人情報」の定義に従います)の収集について、以下にその目的、取扱い等をご案内申し上げます。
本ページは個人情報保護のため、SSL(Secure Socket Laver)暗号化通信に対応しています。
ご提供いただきました個人情報は、「個人情報保護方針」に基づき適切な管理・保護に努め、お問合せに関する回答や関連する商品・サービスのご案内のために利用させていただきます。


このページの一番上へ↑

Qleteのことをもっと詳しく知りませんか?

デモ用のアカウントは無料で発行しております。まずは試用してみませんか?

試用(無料)を申し込む

facebookではQleteの導入事例など、スマホに関する情報発信を実施しております。

Qlete facebookページ

Qleteに可能性を感じていただけたら、ぜひ共有してください

※このウインドウは画面をクリックすると消えます。